まえをむいて。

7年前にロースクール卒業。司法試験受験回数0回。いまから、ここから、はじめます。まえをむいて。

とりあえず。ではなく、できるだけ確実に。

とりあえず。できるとこまで勉強を進めて、例え間に合わなかったとしても 課題をみつけるためにも 受験日までのモチベーションを高める効果を得るためにも 資格試験を受験してみる、
ということが なぜか できない自分がいる。昔はできたのに。
大学生だったかしら。ぜーんぜん、勉強に真面目に取り組めてもいないのに、「とりあえず」資格試験に出願してみたりして。そしたら 試験日に向けてやる気もでてくるかと思っていたのに、結局自分のやる気スイッチを探してるうちに本番がきて、試験中 わからなさすぎて 退屈すぎて試験時間いっぱいまで座って待っていることすらできなくて、退出が許されている最短の時間で さっさと問題用紙一式置いてきて とんずらした経験がある。情けなかったなー。自分が。大学受験にはあんなに全力で向かっていけてたのに、それ以降、てんでダメ子になっちゃってたなぁ。いろいろと見失っていた時期でもあったのだけども。
それからかなぁ… 試験に全力で真剣に時間と心を捧げて取り組んでいる方々と一緒に受験する上で 自分の試験への姿勢に その方々に対して失礼がないようにしなくては!との想いが芽生えて、自分を律すると同時に きつく締め付けてしまうようになってしまったのは。

ロースクールでも、先生や先輩によく言われていたなぁ。どんなに自信がなくても 受け控をしたらダメだ!合格が遠のくぞ!って。

でもなぁ…自分の学力や心情や性格ってやはり自分が一番よくわかっているわけで、がむしゃらに どわぁー!っと勉強して 最低点でもとにかく受かればいいから!えいやっ!と 試験に臨んで行けるひともいるのだろうけど(大学受験を終えるまでは 私自身この思考で突っ走って来たのだけれど)、
それ以降の私のように ある程度 自分のなかで 自身の勉強内容や学力に ちゃんとした達成感と安心感を持てた段階に到達したうえで、いける!という自信が持てていないと、本番 落ち着いて試験に臨んでいけない心の持ち主もいるのではないかしら、と 思うのだなぁ。

そんなわけで。行政書士を今年受けるかどうか悩んでいる。たぶん来年は確実に受験すると思う。
この夏休み期間に確保できた勉強量から考えると、今年は見送ろう、と おそらくいまの自分なら判断するのだろうな。
来春からは 次女も幼稚園に通いだし、確実に勉強時間を確保できるようにはなるはずなので、並行して予備試験の勉強も進めていけたらいいな。