まえをむいて。

2009年にロースクール卒業。司法試験受験回数0回。いまから、ここから、はじめます。まえをむいて。

淡々と。

途中、一カ月ほどまったく机に向かえない時期も

あったけれど、それでも 進んでいます。

淡々と。




民法の土台となる講義(総合講義100)の学習が終わり、

次の段階として

憲法の土台となる講義(総合講義100)の学習を進めながら

並行して

民法のアウトプット(重要問題習得講座)をする講義を

受講し学習を進めている。



まずすべての科目の土台となる講義(総合講義100)を

受講し終えてから、

次に すべての科目のアウトプット(重要問題習得講座)に取り組む

という形をとるべきか、さんざん悩んだけれど


いま、自分が行っている形が

思いのほか うまくまわっていて 気に入っている。




なぜなら、

重要問題習得講座は「あたまのなかで考える」時間を

要するもので、

全力で机に向かうことのできる時間の確保が

とても難しい いまの自分には

効率よく学習を進めることができるからである。




こどもの送り迎えに歩いている時間、

バスを待つ時間、

寝かしつけの時間、掃除機をかけている時間…


これらの時間がすべて 貴重な勉強時間に変わった。



机に向かって重要問題習得講座のテキストの事案を図式化し、

ノートにざっと 論点抽出、答案構成をしたら、

あとは机に向かっていなくても「考える」勉強を

続けることができるのだ。


そして、また次の

机に向かうことができるタイミングで

解答を読み込み、解説を聴き、

自分の答案構成との違いを検討したら

また机から離れて

あたまのなかで 論点整理、答案の流れを再現する。



そんな感じで、基礎講義の記憶が新鮮なうちに

アウトプットができて、

なかなかうまい具合に進んでいるなぁと

思っている、いまのところ。



いまアガルートがセール中なので(5月まで?)

それが終わるまでに、

残りの科目の基礎講義100と重要問題習得講座の

購入と学習をなるべく進めたいなぁと

思っている。



f:id:maewomuite:20180223083528j:plain