まえをむいて。

2009年にロースクール卒業。司法試験受験回数0回。いまから、ここから、はじめます。まえをむいて。

応援すること、されること。

 

きょうは、長女の運動会だった。

 

だれかを応援することは 思いのほか楽しく、

だれかに応援されることは、とてもしあわせなことだな、と

運動場に響くおおきな歓声や拍手に包みこまれながら 考えていた。

 

子どもの頃、陸上や水泳の大会のたびに

自分にかかるプレッシャーに耐えるのに必死で、

観客席にいる親や兄弟をみて、

いいなぁ…わたしもあっち側にいたいなぁ。

と思っていたけれど、

 

応援してもらえる側にいることって、

案外人生のなかでは限られた場面、限られた期間なのかもな、と思ったら、

ちょっとさみしい気持ちになった。

 

だれかの期待に応えることだけに縛られて

自分の時間と想いをささげることはもうしたくはないけれど、

自分が自分の意志でもって喜んで挑んでいることに それを見ただれかが「がんばれー。」と

そっと応援してくれたなら、それは…

そのことだけでじゅうぶん自分の

大切な宝となるのだろうなぁ。

 

母に「どうしてあなたは、いつも 大変な方の道を選ぶのかしらね。」と

半分しんぱいした、半分あきれた顔で 言われたけれど、

もしかしたら 自分は、

応援する側にいることより

される側にいることを 

無意識に望んで選び取っているのかもしれない。

 

たまに、自分でも「あれ。なんでこんなに しんどいことを してるんだ ?」と

急に立ち止まって 固まってしまう瞬間もあるけれど、

 

懸命に進むこととか、挑むこととか、

 

とても大変だけど

そういう道にしか落ちていない

《良いもの(だれかに自分を応援してもらうこと、も そのひとつ。)》に出会う喜びを知ってしまっているから、

これまでも、これからも、

「そちら側」を自分は選択してしまうのだろうなぁ、と思う。

 

 

このごろ、長女が

「わたしの将来の夢は作家さん。

わたしのお母さんの夢は弁護士さんなんだよ。」と、

いろいろな方に話しているのを聞くたびに、

すこし恥ずかしく、と同時に すごく嬉しい 気持ちになる。

 

結婚を決めるまではずっと、いや

結婚をしてからも しばらくの間はずっと、

夢を叶えてから 自分のこどもに会いたいと揺るぎなく考えてきたし、

夢を叶えずに 自分のこどもと向き合っていくことに 相当な覚悟を決めたけれど、

 

夢を叶えるところを わが子の目の前で見せることができたら

もしかしたら、

それがいちばん、自分がほんとうに得たかった 有り難いことかもしれない、

との想いが浮かぶ。

 

机に向かう私に向かって

「母。お勉強がんばってー。」と言う

こどもたちの声が聞こえる。

 

がんばるしかないのだ。

 

 

 

きょう、長女が運動会で 踊っていた曲が

すこし懐かしく そして、とてもよかった。

 

いつも自分たちを応援してくれている父兄の方々へのお返しに、

きょうは児童から応援をさせていただく。

とのアナウンスがあった。

 

以下、歌詞一部引用。

 

できっこないをやらなくちゃ』

歌:サンボマスター

作詞:山口隆

作曲:山口隆

 

どんなに打ちのめされたって
悲しみに心をまかせちゃだめだよ
君は今 逃げたいっていうけど
それが本音なのかい?
僕にはそうは思えないよ
何も実らなかったなんて 悲しい言葉だよ
心を少しでも不安にさせちゃだめさ
灯りをともそう
あきらめないで どんな時も
君なら出来るんだ どんな事も
今世界にひとつだけの
強い力をみたよ
君ならできない事だって
出来るんだ本当さ ウソじゃないよ
今世界にひとつだけの
強い光をみたよ
イワナビーア君の全て!

 

 

お弁当の下ごしらえ風景。夜中2時。

f:id:maewomuite:20181020164420j:image

 

 

にほんブログ村 資格ブログ 司法試験予備試験へ
にほんブログ村