まえをむいて。

2009年にロースクール卒業。司法試験受験回数0回。いまから、ここから、はじめます。まえをむいて。

仲間。

 

はじめて自分のブログに

星マーク⭐️(下のほうにあるいいね!ボタンみたいなもの。)を付けていただいた。

ありがとうございます。

とてもうれしかったです。

 

私は、いまこのブログとご縁があり

目にしてくださっている方々のことを、

誠に勝手ながら《仲間》だと想っております。

そして…

きっと自分よりも先に

法曹界に進んでいかれる方々だとも思っております。

 

 

私はロースクールがあまり…(ほんとうはすごく)

好きではありませんでした。

閉鎖的で過密な人間関係や、

人生をかけて司法試験に挑む方々の切迫した

殺伐とした空気に日々晒されて、

強いストレスを感じていました。

とにかく早くここから去りたいとばかり願って

過ごしていました。

 

卒業から10年近くの時を経て

自分のこころをそっとのぞいてみたとき、

そこに残っていたのは…

ロースクールでいろいろな方が自分に

与えてくださっていた数々の温かな想いでした。

 

父が他界した直後は

心が空っぽで何に対しても力がはいらない状態でしたが、

数回欠席しただけで単位を落として留年になってしまうため、

とにかく気を張ってロースクールに向かい

重たい足を運んでいた時期がありました。

そんなとき、

私のキャレル(自分用の自習ブース)に

「きょうもよくがんばったね。」

「つらいね。ちゃんとご飯をたべるんだよ。」

と、毎日 そっと置き手紙をしてくださる方がいました。

その方は、それからずっと私の心を支えてくださいました。

 

自分の気持ちが法曹から完全に離れてしまい、

ロースクールから退学することも視野に入れて

就活のためにリクナビにも登録して、

(なぜか)ユニクロで早朝のバイトを始めた頃、

やる気ゼロパーセントの状態で

教科書はもちろん 六法ももたず、ルーズリーフ一枚とボールペン一本を机にぽんと置いて

ただぼぉっと行政法の講義に出席していた時期がありました。

すると、ご自身の判例六法を

授業の度に 私の前にすっと差し出し貸してくださる方がいらっしゃいました。

その方は後日、それまでの行政法講義ノートの写しを「よかったらどうぞ。」と、くださいました。

私は正気を取り戻し、

リクナビ登録を削除し、バイトを早々に辞め、

再び勉強に専念しはじめました。

この方がいらっしゃらなかったら、

私はこの数ヶ月後にロースクールを辞めていたかもしれません。

 

他にも…私を見かねて勉強計画を一緒に考えて立ててくださった方、

「きっと良いアドバイスを聞けるよ。」と司法修習生の知り合いの方を紹介してくださり

たくさんの貴重なお話を伺う機会を与えてくださった方、

完璧なまとめプリントをテスト前に「いる?」と授けてくださった方、

悩んでいると伝えると丁寧に話を聞いてくださった方。

「あなたの気持ち、すごくよくわかるよ。」と

想いのこもった優しいお手紙をくださった方…

 

自分がいただいてきた数々のものを ようやく自覚できるようになったとき、

司法試験とちゃんと向き合おう、との想いを抱けるようになりました。

 

いまは当時のように、司法試験=ロースクール

の時代ではないと聞いています。

受験回数も3回から5回に増えたそうです。ミラクル!

同じ時期に、同じ場所を目指して歩ませていただいていることを

とても ありがたく うれしく思っています。

 

ひとりひとり。

いま日々を重ねている環境や

抱いている想いはさまざまですが、

いつかどこかで

法曹になるタイミングに少し違いはあるにせよ

司法試験を越えたその先で

お会いできる日がくるのではないかと

密かに思っています。

 

なので、未熟な今の私では

ロースクールで自分に多くを与えてくださった方々のようにはいきませんが、

いまの自分に出来ることを見つけ、

これからも共有させていただけたら、と思います。

 

f:id:maewomuite:20181206025426j:image

 

にほんブログ村 資格ブログ 司法試験予備試験へ
にほんブログ村